2015年7月28日火曜日

FUJIFILMのXQ2を買いました。


久々にコンパクトデジカメを買いました。富士フィルムのXQ2です。
大きめの撮像素子である2/3型 X-Trans CMOS IIセンサーを搭載し、ズームは25mm~100mm、広角端の開放F1.8、いわゆる高級コンデジの範疇の製品です。
既に実戦には投入済みです。(→ 亀岡・丹波 道の駅めぐり

つい先日まで3万円台半ばぐらいで販売されていたのが、Amazonのサマーセールで2万4千円台まで一気に値下がりしたため、即買いしてしまいました。ここ数日はまた値上がりしているようなのでラッキーだったと思います。
実はサイクリングで使う軽量なコンデジを物色していた最中で、このXQ2も”発色が綺麗なコンデジ”ということで購入候補に入れていました。
そのおかげで値動きを細かくチェックしていたため、値下がりのタイミングをキャッチすることができたのです。^^


まだそれ程使えていませんが、先日の道の駅めぐりで撮った感じでは、キビキビした動作が印象的でした。
以前使っていたNikon Coolpix P330がかなりスローな動作だったので、電源オンから構えて、シャッターを押して、プレビューする流れのキビキビ感は非常に良いと感じます。
また、前評判通り発色が綺麗でJPG撮って出しでも空の青さが際立っていました。ちょっと現実離れしてしまう感も無きにしもあらずですが、記憶色をうまく再現しているように思います。個人的にはこういうメリハリのある絵づくりは大好きです。


キビキビした操作感と加工要らずの仕上がりはサイクリングで見つける様々な風景を切り取るのに適していると思います。(もちろんサイクリングに限定するものではありませんが)
そこで更に機動力をアップさせるため、一眼レフで使っているニンジャストラップをXQ2に取り付けました。
エツミから発売されている「ストラップアダプター E-6542」という製品を使うとコンデジの小さなストラップホールで一眼レフ用の太いストラップが使えます。

サイクリングで走行中はカメラを体に密着させしっかり固定し、撮りたい風景を見つけたら、すかさずニンジャストラップを緩めて写真を撮る・・・これをやりたかったのです。(笑)
とりあえず、今度この組み合わせで走ってこようと思います。いい感じの写真が撮れるかな?