2015年3月11日水曜日

オリンパスのOM-D E-M1を買ってみた!

小型軽量で高画質なミラーレスカメラ。私も昨年からオリンパスのOM-D E-M10というエントリー機を使い始めました。
もともと、Nikon D610のサブ機としての扱いだったのですが「機材が軽いと機動力が上がる!」とばかりに最近よく持ち出すようになっていました。ただ、一眼レフに比べるとオートフォーカスの追従性が良くなく、動く被写体(うちなら主にワンコ)がうまく撮れないというところが難点でした。要はC-AFが使い物にならないということですね。
私はさくら&もみじのお散歩写真を一番たくさん撮るので、そこで使いにくいのはもったいないと感じていたのです。
※S-AFが動体に全く使えないことは無いです。 → コレとかコレ

そんな中、オリンパスのフラッグシップ機OM-D E-M1のファームウェアVer.3.0が発表され、かなり動体撮影性能が強化されたという情報が流れてきました。
フラッグシップとはいえマイクロフォーサーズ機なので、小型軽量であることは変わりなく、防塵防滴のタフ仕様、質感も高い、さらには動体までイケる!と聞かされた日にゃ、、、

触ってみたい。

という衝動がほとばしり、価格.comやらブログやら雑誌やらで調べまくった挙句、この日曜日に手に入れてしまいました。発売から時間が経っていたり、先日、新製品のE-M5 mk2が発売された事もあったりして、値段がだいぶこなれていたのは助かりました。まぁ、購入資金確保のためレンズ数本をオークションに出しはしましたが。^^;

とはいえ、手持ちのマイクロフォーサーズのレンズが少なく、E-M1のボディを買っただけでは、まだ真価を発揮できる感じではありません。
とりあえず、タムロンの14-150mmを付けていますが、ちょっと撮った限り、この組み合わせでは動体(さくらともみじのダッシュ)を完璧に捉えられるほどではなかったです。E-M10よりは遥かに被写体に追従して撮れますが、ニコンの一眼レフには及ばないという印象でした。
もっとも、ネット上にはE-M1で非常にキレイに動体を撮ってる方々がおられるので、撮り方や設定を煮詰める必要があるのだと思います。
いや、、、

やっぱ、ハイグレードなレンズ「ED 40-150mm F2.8 PRO」が必要かな。

と物欲の神様が降臨してきている今日この頃です。
しばらくこのカメラにはまりそうです。(笑)

シルバーモデルにしました。レンズはとりあえずタムロン。

ボタンやダイヤルが多く、色々カスタマイズできます。

なかなかいい質感です。シャッター音もカッコいいです。

★追記
動体性能をアップさせたくて、試行錯誤しました。その顛末はこちら↓
タムロン 14-150mm F/3.5-5.8 Di IIIをオリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 IIに買い替えました。