2014年11月27日木曜日

金戒光明寺の秋の夜間拝観ライトアップに行ってきた!

この三連休の最終日に京都の平安神宮にほど近い金戒光明寺の夜間拝観に行ってきました。
「この秋はどこかお寺の夜間拝観に行って、夜の紅葉を撮ってみよう!」と思っていたところ、金戒光明寺が初めての夜間拝観を実施するということで行ってみたのです。

実はこのお寺の近くの真正極楽寺(真如堂)に父や親族のお墓があり、しばしば前を通っていたのですが、入るのは今回が初めてでした。金戒光明寺の通称「くろ谷さん」の名前は結構親しみがあったんですけどね。^^;

入ってみてびっくり、想像以上に大きなお寺でした。山門をくぐり、御影堂の見学を経て、庭園「紫雲の庭」に降り立って再度びっくり、紅葉が見事にライトアップされた素晴らしい風景が広がっていたのです。
特に赤く染まった紅葉が、中央の暗く沈み込んだ池に映りこむ光景は圧巻。あまりの見事さにテンションが上がり、お庭を何周もしながらカメラのシャッターを押し続けました。・・・いやはや、ライトアップされた紅葉は昼間とはまた違った良さがあります。暗い背景なのでより鮮やかに見えるのです。いろんな色の木々がハイコントラストで素晴らしく美しく見えました。
うまくお伝えできるかわかりませんが、その美しい風景の写真を何枚か載せていきます。

ちなみに、京都のお寺は基本的に三脚はNGなので、夜の撮影ながら手持ちで頑張りました。35mm F1.4(単焦点)の開放付近を使い、感度も最大で6400まで上げて撮りました。Nikon D610は巷での評判通り、暗所でのAFがやや弱いので、途中からライブビューのコントラストAFを多用してしのぎました。F値が低い分、ピントが浅くて歩留まりはよくありませんでしたが、きちんと撮れたものはそこそこいい絵になったと思います。うーん、暗所AFが強い機種が欲しいかも。D750?(汗)










【京都市左京区・金戒光明寺  カメラ:Nikon D610 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM】