2014年9月6日土曜日

ファンタジックフォーカスな大阪駅&Nikon D600が交換になった件。

今日も大阪駅の写真の続きです。一昨日はブルーを強調して少し暗い写真になりましたが、今日は一転、暖色系のほんわかした色調の写真です。ファンタジックフォーカス+スターライト効果+ホワイトバランスイエローで暖かい感じとキラキラ感を演出してみました。
本当の風景とはかけ離れている描写ですが、E-M10はこういった絵が簡単に撮れます。もっとイルミネーションがたくさんあるところだと面白いと思います。秋から冬のイルミネーションで活躍してくれそうなアートフィルターですね。^^



【大阪駅  カメラ:OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6】


で・・・いつもならここで日記を終わるところですが、今日仕事から帰宅するとニコンから荷物が届いていました。先日、無料で引取から配送までしてくれるニコンピックアップサービスを利用してセンサーの掃除に出したNikon D600でしたが、、、



なんとNikon D610になって帰ってきました。(驚)

センサーにゴミが付きやすい個体があるということで問題になっていたD600でしたが、本当に新品交換してくれるとは・・・・・ビックリです。
確かに私のD600もこれまで使ってきたカメラよりゴミが付きやすい感じはしていました。メカニカルダストといってブロワーで吹いても取れない類のゴミがです。
でも、D600はニコンのサービスセンターがずっと無料で掃除してくれるとのことで、今後も定期的に掃除してもらいながら使っていこうと思ってました。センサーにゴミがついても大きく絞らなければ写真にはさほど影響があるものでもなかったですし。
今回もそんなつもりで掃除に出したのですが、抜本的なゴミ対策として後継機種のD610に交換していただけました。今年の4月にニコンから発表になったD600の交換対応に私のカメラも該当していたということですね。(※D600を持っていたら必ずD610へ交換してもらえるものでもないです。)
以前のエントリーで「長い付き合いになりそう」とか書いておきながら、私のカメラ歴でD600は最短の付き合いになってしまいました。^^;
まぁ、せっかく交換してもらったのですから、D610をありがたく使っていこうと思います。いやー、びっくりしたけど結構うれしいかも。^^