2014年9月29日月曜日

歴史的建造物が立ち並ぶ丹波篠山の街歩き。

先日、会社の同僚から芋掘りに誘われて兵庫県は篠山市まで行ってきました。芋掘りはおそらく小学校以来(?)だったと思うのですが、たくさんのサツマイモを収穫することができました。久々に童心に返ってとても楽しいひと時でした。^^

芋掘りの後、私は篠山の街を写真を撮りながらグルっと散策してきました。ちょうど「まちなみアートフェスティバル」というイベントをやっている時期で、古い街並みの所々にアート作品が飾られており、非日常的な風景がそこにありました。ちょうど以前行ったことのある「信楽まちなか芸術祭」と相通じるところがあるように思いました。

篠山市の「河原町妻入商家群」は三角形の屋根の古い建物が立ち並んでおり、国の重要伝統的建造物群保存地区になっているそうです。そんな地域なのですが、人々が普通に暮らしていて、日常生活がそこにあるようでした。伝統的な建物とアート作品、それから日常生活・・・いろんな要素が混在した写真を撮ることができました。ではいくつか載せていきます。











【兵庫県篠山市・河原町妻入商家群など  カメラ:Nikon D610】