2014年8月16日土曜日

雨の日の高野山ドライブ with OLYMPUS OM-D E-M10

今年のお盆はどういうわけか前線が居座り、雨ばかりの空模様になっています。スマホの天気予報も曇りの予報だったものが、次見た時は雨になっていたりとあまりアテになりません。アテになるとすれば、どのみち天気が悪いということぐらいでしょう。^^;

そんな梅雨のようなお盆ですが家にずっといるのはもったいないので、昨日、和歌山県の高野山の方へドライブに行ってきました。高野山は標高が高いので避暑の意味合いもこめて行きました。(実はさくら&もみじも同行)
やはり天気は雨が降ったり止んだりと不安定なものでしたが、大阪にいるよりはずっと涼しく、とりあえず散策することはできました。
高野山は標高900メートルの場所に街が広がっており、”空中都市”と形容されます。ゴツゴツした岩が点在しているような山登りの山頂のイメージではなく、多くの人々が生活している街そのものなのです。高野山へ車で向かうと狭く曲がりくねった山道をどんどん登っていきます。多分、車に弱い人は結構ヤバいレベルかもしれません。^^;
その困難の先に数多の大きな寺院を中核とした仏都が広がっているという不思議な場所なのです。見どころも多く、気温も麓の街より5度以上低いのでこの時期の散策は丁度良いと思います。

とはいえ、昨日は時折強くなる雨の中、2ペキ連れ&傘をさしながら散策するのは少し無理があり、写真を撮りつつ僧都の雰囲気を楽しんだ後は早めに龍神街道へのドライブに切り替えました。
ドライブ途中、ごまさんスカイタワーに寄ったりしましたが、時間が経つにつれて靄(もや)やら豪雨やらに見舞われ、ひたすら悪天候のドライブとなりました。なんだかんだでトータル350kmぐらい走ったと思います。
まぁ、今回は天候のせいでやや残念な感じではありましたが、私達夫婦はドライブでいろんな場所を訪れるのでこういったことは割と体験済みだったりします。雨の日のドライブは、車内でしょーもないことを話したりとそれはそれで楽しいものなのです。^^
では写真です。↓

大会堂と壇上伽藍。

巨大な壇上伽藍を下から。

街中の水路と小橋。

長い山道を登り切ると目に飛び込んでくる大門。

金剛力士像と朱が印象的な大門です。

金剛峯寺です。とっても大きなお寺です。

さくら&もみじも一緒でした。涼しいとはいえちょっと暑い?

場所は変わって靄がかかりまくりのごまさんスカイタワー。(護摩壇山

雄大な周囲の山も靄がかかりまくり。・・・実はアートフィルターでちょっと誇張。(笑)

で・・・!

またもやカメラを買いました。(笑)
先日欲しがっていたミラーレスです。STYLUS 1が思ったより良かったので、同じオリンパスのOM-D E-M10にしてみました。マイクロフォーサーズは初めてなのですが、少し使ってみた感じでは一眼というより超ハイエンドなコンデジの感覚です。もちろんコンデジより写りは格段に良いですし、ボケも一眼のそれです。
キットレンズのM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZは極めて薄いパンケーキレンズなのですが、ずっとニコンを使ってきた身としてはその薄さは驚愕モノです。この焦点距離のズームレンズでこの薄さは過去使ってきたレンズではありえないものです。このレンズを付けているから圧倒的なコンパクトさが担保され、”超ハイエンドなコンデジ”感覚なのでしょう。
電動ズームに違和感があったり、操作や露出などカメラのクセがまだ把握しきれていないので、思ったような写真が撮れていませんが、今後慣れていけば良い写真が撮れそうな予感がします。カメラ自体の実力は高いのですから、私がどれだけ付いていけるか・・・です。^^;
あと、マイクロフォーサーズはレンズの種類がたくさんあるみたいなので色々レンズを試すのも面白そうです。またお金が飛んでいきそうな話ですが、常用しているNikon D600とは大きさや用途が異なりますので使い分けながらボチボチ楽しんでいきたいと思います。^^

初めてのマイクロフォーサーズ。見た目もなかなかカッコいいです。

【和歌山県・高野山  カメラ:OLYMPUS OM-D E-M10】