2014年7月21日月曜日

祇園祭・後祭の山鉾建て

今年の祇園祭は49年ぶりに後祭が復活します。祇園祭というと毎年7月17日の山鉾巡行でクライマックスを迎えるというイメージでしたが、今年は7月24日にも山鉾巡行があるそうです。当然、宵山、宵々山もあって、今日あたりから京都の町は再びお祭りムードになっています。
山鉾巡行や宵山は平日なので、大阪からはなかなか行くことができません。ですから、せめて山鉾を組み立てている様子でも見ておこうと思い、昨日、他の用事と絡めて京都へ行ってきました。

組み立てとはいえ3連休の中日ということで結構な人出でした。考えてみれば山鉾の組み立てって、それはそれで珍しい光景なのかもしれません。
暑さと湿気がまとわり付くような京都独特の気候の中、若い人から年輩の人まで、威勢よく掛け声をかけながら山鉾を組み立てていました。お祭りらしくて見ていて気持ちいい雰囲気がありました。こんな地域のコミュニティ、昔ながらの伝統はずっと続いていって欲しいものです。

そんな未完成の山鉾の写真をいくつか撮ってきましたので載せていきます。見物客が多く、あんまりゆっくり写真は撮れませんでした。しかもレンズが35mmの単焦点なので、撮り方が難しかったです。こういう場合は広角から中望遠のズームレンズが良さそうです。







【京都市中京区・祇園祭 後祭  カメラ:Nikon D600】