2014年6月1日日曜日

月初めと日曜日が重なったから『X-MEN フューチャー&パスト』を見に行ってきた!


今日は1日、映画が安く見られる日ということで、映画館に行ってきました。
先月5月1日もメーデーでお休みでしたので、2ヶ月連続で映画ファーストデイに行けたことになります。先月は『アメイジング・スパイダーマン2』を見ました。
・・・っていうか、2月も3月も休日と重なっていたので、それぞれ『永遠の0』と『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』を見に行ったんですけど。^^
ちなみに次に休日とファーストデイが重なるのは11月1日(土)です。

今日はタイトル通り『X-MEN フューチャー&パスト』を見に行きました。
マーベルばっかり見とるやんけーっ」というツッコミはあると思いますが、だって好きなだもんマーベル。^^
基本的にあまり深く考えることなく見れますし、続編モノが多いので1度見るとずっと見たくなるんです。もちろんアクションも見応えがある作品が多いです。

『X-MEN フューチャー&パスト』もずっと見続けているX-MENシリーズの最新作で、先日予告編を見てからワクワクしていました。今日ようやく見られたわけなのですが、期待を裏切らず安定した面白さでした。
シリーズをずっと見ていないとわかりにくい作品だと思いますが、物語として過去、現在、未来を通して描いているため、各時代のキャラクターが全部出てこられるある意味反則みたいな設定でした。(笑)
アクション的にやや大人しめの今作でしたが、物語や世界観にのめり込むことができたので、あっという間の140分でした。

今回の作品で、設定がガラガラポンあるいは一部リセットされたので、続編やらスピンオフやら色々続いていきそうです。
特にこれまでの三部作『1』『2』『ファイナルディシジョン』と『ファースト・ジェネレーション』がつながったので何とでも世界観を広げられそうな感じです。まぁ、何でもアリ的な感じはしなくもないですが。^^;
とりあえず、これまでの作品を見た方には間違いなくオススメですし、今後のX-MENシリーズを見るためには見ておく必要がある作品かと思いました。

最後に一つ不満だったのが、近所のシネコンでは3D字幕版が全然上映されていなかったこと。仕方ないので2Dで見ました。吹き替え(特にタレント起用)だと、その人のキャラクターが被っちゃうんですよね。。。