2013年12月10日火曜日

ティム・クリステンセンってかっこいい

先日、ポール・マッカートニーのコンサートを見に行って以来、Youtubeでポールのライブ映像を見たりしているのですが、それらに混じって超うまいカバー映像がありました。よくよく調べてみると、デンマークで絶大な人気を誇ったティム・クリステンセンのライブ映像でした。
ポールの「RAM」というソロ活動初期のアルバムを中心にカバーしているのですが、ステージ上であらゆる楽器や道具を駆使して忠実に、しかも完成度高くカバーしています。これは凄いっっ!
その映像がこれ↓



彼はかなりのビートルズフリークのようで、まさにビートルズ愛、ポール愛に溢れています。演奏しているのが非常に気持ち良さそうです。一緒にプレイしているメンバーもうまいうまい。思わずYoutubeのライブ映像を片っ端から見てしまいました。
このライブ映像の元になっているのが「Pure McCartney」というポールのトリビュートアルバムです。
ジャケットがこれ↓



で、ポールの「RAM」がコレ↓


なんか似てる。(笑)
こういうところもビートルズ愛、ポール愛に溢れている感じがします。
でも、よくよく調べてみるとティム・クリステンセンは「DIZZY MIZZ LIZZY」というバンドでカッコいい曲をいっぱい作っていたことを知りました。これもYoutubeで見まくりました。ギターがすっげーカッコいい!なのにメロディアス!ライブ映像めっちゃいい!





むか~し、音楽に興味を持ち始めた頃、ビートルズを起点にいろんな音楽を聴き漁りました。あの頃は、いろんな音楽を聴いて、新たな発見をするのが楽しかったのです。今はそこまでしなくなってしまいましたが、久々にそういう気持ちを思い出した気がします。
とりあえず、Youtubeだけじゃなくてアルバムでも買ってみようかな。