2007年10月7日日曜日

るり渓散策(京都府南丹市)

るり渓1

るり渓2

るり渓3

るり渓4

るり渓5

るり渓6

るり渓7

るり渓8
「るり渓(瑠璃渓)」とは京都府南丹市にある渓谷です。
木々と清流と囲まれた自然豊かな場所で国の名勝にも指定されています。環境庁の「残したい日本の音風景百選」にも選ばれているとか・・・

紅葉にはまだ早いのですが、前から行ってみたかったので今日フラリと訪れてみました。フラリ・・・とはいえ自宅から車を走らせること約2時間、ようやく到着しました。
走行距離は大したことないのですが、京都北中部へは道路のアクセスがあまり良くないため結構時間がかかってしまいます。
るり渓付近は温泉があったり、ゴルフ場があったりと都会(京都市内)から気軽に訪れることのできるレジャースポットという趣でした。

渓谷沿いには散策コースが整備されており、普通に歩いて1時間ちょっとの比較的軽めのハイキングができるようになっています。私はやはり写真が撮ることが目的でしたので、このコースを2時間30分程かけてゆっくりまわりました。歩いているより、散策路から外れて写真の構図を考えている時間の方が長かったかもしれません。(笑)

散策路は昼間とはいえ、木に太陽が遮られて薄暗い場所が多かったです。この薄暗さが独特の雰囲気と清涼感を醸し出していい感じなのですが、撮影条件としては明らかに光量不足でシャッタースピードが上がらず結構苦労しました。
私は基本的に手持ちで撮影するスタイルですので、手ぶれしては撮り、手ぶれしては撮り・・・と何度も同じ構図を撮りました。さすがにこういう場所は三脚で撮らないときついですね。撮影スタイルを変えないと。(^^;

↑はそんな風にして撮った写真たちです。薄暗い雰囲気を出すために露出を少し暗めにしてあります。緑深い木々、黒い無骨な岩、冷たそうな水の雰囲気を感じ取っていただければ幸いです。